Home > 所得税

所得税

2018.12.09
所得税

いくら所得があれば申告するのか(2018年分)

2018年ではPersonal Exemptionが廃止され、Standard deductionが2017年申告に対しておよそ2倍に増えている。独身で65才未満では$12,000以上、夫婦合算の場合で65才未満ならば$24,000アメリカに住んでいる多くの人にとっては歓迎だろう。 これにより、申告を行わなければいけない最低所得金額は下表となる。 夫婦が一緒に申告するならば$24,000になって独身の2倍なのだからおかしくはない。 一方で結婚していて夫婦がそれぞれ個別に申告する場合は、年齢を問わず$5以上(2017年では$4,050以上)で申告しなければいけない。夫婦別々に申告をするのではなく、夫婦は一緒に申告をしなさいと言われているようなものだ。

Read More
2018.11.25
所得税

Schedule Aの変更

2018年からは標準控除がほぼ2倍になるので、項目別控除を取る人は少なくなる。さらに、Schedule Aは大きく変更を加えられた。 2018年版Schedule Aでなくなるのは下表で×マークがついているJob Expenses and Certain Miscellaneous Deductionsだ。また三角マークの所も変更されている。 (廃止:Job Expenses and Certain Miscellaneous Deductions) 自腹のビジネス経費・投資のアドバイス料・申告書作成料などは廃止された。但し、事業を行っている場合はSchedule Cで控除することになる。 (修正) 1.州や市に支払った税金は上限$10,000で制限される。外国の固定資産税は控除できない。Schedule C、Eに記載されるものはこの制限はない。 2.住宅ローン額は75万ドルまで下げられる。過去に訴求して実施されないため、2017年12月15日以前の住宅ローン限度額は100万ドルのままとなる。 3.現金寄付AGIの50%から60%へ上方修正され、株は30%で不変だ。 4.火災や風水害や盗難による損失は原則廃止。大統領令による大規模災害のみとなる。 5.項目別控除の限度は外された。限度はなくなったものの、上記のように個々には制限されているために効果はよくわからない。 (Form 1040NRのschedule A) 標準控除は取れないので、項目別控除を取ることになる。もともと医療費控除や住宅ローン利息がない。その上でJob Expenses and Certain Miscellaneous Deductionsが廃止された。

Read More
2018.11.19
所得税

2018年版Form 1040

2018年の試作版Form 1040は驚くほど簡素化された。2017年版申告書では79行だったものが23行になっている。従来のForm 1040A, Form 1040EZは廃止だ。試作版Form 1040はまだ最終版ではないので注意が必要だ。 個人の所得税申告件数は1.5億件ある。3分の1の人はこれでお終いになるのだと言う。3分の2の人は6枚の付表を使う事になる。 Form 1040の試作版(ここをクリック) 1ページ目は個人のデータで、2ページ目は所得内容・控除・税額計算で構成される。100年以上前の1913年版の最初の申告書みたいだ。ずいぶん簡単と思いきや、従来はなかった付表の1から6までが追加される。従来のものは2ページに収まっていたものが、分断されて枚数が6枚増加する。ブロック積み上げ方式だと言う。 PCのフォルダー管理で言えば、6つサブフォルダーができた。従来はサブフォルダーまで入らずにすんだものが、もう一回クリックする回数が増えてサブフォルダーに行くような感じで、逆に手間で面倒だ。 さらにもともとあった付表のA,B,C,D,Eとかつけるので、多くの人にとっては、申告書の枚数が増える。 始めて申告書を手にする人は、これで慣れると違和感がないだろう。従来の申告書からすればかなり落差がある。しかし2,3年もすれば何も感じなくなるかもしれない。 このフォーム変更は、IRSコンピュータのプログラム変更が大幅になるのは必至だ。この手間が例年の何倍かかるのかわからないが、おそらく、2019年の申告開始は遅くなるだろう。 日本ではこういうやり方はおそらくできないだろうと思う。2年も3年も前からプログラム変更を行って、この時期には完成版が出来上がっていよう。アメリカは、とにかく、走りながらでも変えていけばいい、でもトータルでは納税者の負担は減少すると元気よく断行する。仕組みを変えようとするパワーは見習うべきなのだろう。

Read More
2018.10.28
所得税

宝くじの課税

10月25日のTBSテレビのNスタでMega Millionsの取材があった。一等当選金額が約1,800億円というとんでもない高額宝くじの課税についてコメントさせていただいた。 課税関係は連邦税37%と、住んでいる州、あるいは購入が認められていない州の場合、購入した州での州税が発生する。ざっと45%前後が税金となる。 さらに、日本人がアメリカに出張した時にこの賞金を獲得すると、日本で所得税と住民税で55%の税金を払う。但し、外国税額控除を使えるので、完全な二重課税とはならないもののほぼ半分は税金と言うことになってしまう。

Read More
2018.10.21
所得税

2018年米国個人所得税の変更-2

今回のTax Cuts and Jobs Act of 2017では控除項目が大きく変わる。 (Above-the-line控除) 引越し控除 業務に関連する引っ越しは控除対象ではなくなった。米軍を除く。 慰謝料 2018年12月31日までの慰謝料支払いは控除対象だが、2019年1月1日以降は控除の対象でなくなる。現在では、もらう側は所得に入れる。来年からは、払う側は控除が取れず、慰謝料をもらう側は所得の中に入れることはなくなる。払う側ともらう側で、この変化は大きい。 (項目別控除) 標準控除を約2倍にする一方で、項目別控除は多くの制限を受けるため、メリットがなくなるケースが多い。現状でも約7割の人が標準控除を用いて、3割しか項目別控除を使わない。今回の改正で9割以上の人が標準控除を用いて、項目別控除を取る人はごくわずかとなると見られている。例えば夫婦合算申告で次のようなケースだ。 住宅ローン支払利息$8,000+州税$5,000+寄付他$4,000=$17,000 昨年の標準控除は$13,000なので、項目別控除を取る方が良かった。しかしながら、2018年ベースでは標準控除が$24,000あるため、項目別控除を取ることはない。 州税・市税の控除 州税(固定資産税・所得税・セールスタックス等)は$10,000が上限となった。 住宅ローン利子控除 現状の110万ドルまでのローンからか75万ドルまでのローンに縮小される。住宅ベースの借り入れ利息は、改築などを除き利息控除はできない。 その他、AGIの2%超えた部分に適用された様々な控除は廃止された。 災害や盗難控除も原則廃止された。 寄付控除 AGIの50%から60%上限が広がった。 一方で、所得が大きくなればフェーズアウトしていたものが撤廃された。

Read More
2018.10.14
所得税

2018年米国個人所得税の変更-1

TAX CUTS AND JOBS ACT OF 2017の結果、2018年(2019年申告)が大幅に変わる。個人所得税での大きな変更点(その1)は次の通り。 1.標準控除 2017年に比べてほぼ2倍増加となる。 2018年 2017年比 独身 $12,000 +$5,650 夫婦合算 $24,000 +$11,300 所帯主 $18,000 +$8,650 夫婦個別 $12,000 +$5,650 2.Personal 控除 廃止。2017年で自分、配偶者、扶養家族で取ることができた$4,050の控除がなくなってしまった。 3.個人の所得税率 最高税率が2017年の39.6%から37%に下げられる。 独身 夫婦合算 夫婦個別 所帯主 10% $1 - $9,525 $1 - $19,050 $1 - $9,525 $1 - $13,600 12% $9,526 - $38,700 $19,051 - $77,400 $9,526 - $38,700 $13,601 - $51,800 22% $38,701 - $82,500 $77,401 - $165,000 $38,701 - $82,500 $51,801 - $82,500 24% $82,501 - $157,500 $165,001 - $315,000 $82,501 - $157,500 $82,501 - $157,500 32% $157,501 - $200,000 $315,001 - $400,000 $157,501 - $200,000 $157,500 - $200,000 35% $200,001 - $500,000 $400,001 - $600,000 $200,001 - $300,000 $200,001 - $500,000 37% over $500,000 over $600,000 over $300,000 over $500,000 4. 長期キャピタルゲイン 独身 夫婦合算 夫婦個別 所帯主 0% $0-$38,600 $0-$77,200 $0-$38,600 $0-$51,700 15% $38,601-$425,800 $77,201-$479,000 $38,601-$239,500 $51,701-$452,400 20% $425,801+ $479,001+ $239,501+ $452,401+ 3.8%のInvestment income tax (NIIT)も残る。 短期キャピタルゲインは通常の税率で課税される。

Read More
2018.09.30
所得税

一緒に住んでいなくても夫婦合算申告?

日本にはない申告のステータスが夫婦合算だ。夫婦が離れて暮らしている場合に、夫婦合算申告を使うことができるか? どちらかが単身赴任していれば、別々の州に住んでいることがある。日本とアメリカに分かれて住んでいる場合もある。 地理的に離れて住んでいることは問題がない。あくまで、結婚していると言う婚姻上のステータスによる。どの時点で結婚しているのかが問題となるが、これはその年の12月31日の時点で判定する。 仮に配偶者が年のどこかの時点で亡くなった場合、12月31日時点では配偶者はいない。この場合は、特別に亡くなった配偶者が12月31日まで生存していたものとみなしてくれる。一緒に住んでいなくても、亡くなっても、夫婦合算申告は可能だ。

Read More
2018.09.09
所得税

社会保障番号の取得

日本人がアメリカで生まれると、日本人であると同時にアメリカ市民でもある。しかし、生まれてすぐに日本に帰国したので、自分のことをアメリカ人と考えたこともない。アメリカのパスポートはないし社会保障番号もない。社会保障番号がないわけだから、アメリカの申告は受理されず、アメリカの申告をしたことはない。 この状態で、アメリカの市民権を放棄しようとする。税務上は出口税の対象で、この申告なしには税務上はアメリカ市民のままである。放棄時には過去5年の申告実績を記載しなければいけない。 さて、どうするか。初めに社会保障番号を取得し、少なくとも過去5年の申告を行い、それからアメリカの市民権を放棄するしかやりようがない。ただ、過去5年所得がない場合は申告をしていない理由になろうが、いずれにせよ出口税で社会保障番号を記入することになる。

Read More
2018.08.26
所得税

非居住者の監査を強化する方針

2018年5月末にIRSは新たに非居住者の監査を強化する方針を打ち出している。 次の点をしっかり見ていくとしている。 きちんとアメリカの所得が申告されていること 条約の不適切な濫用がないこと Schedule Aが適切に記入されていること 不適切な税額控除が行われていないこと 実際、小さな金額だとあまり考えないで、機械的に申告してしまっているかも知れない。 一つの例で、預金利子を申告する場合、Form 1040と同じ感覚でForm 1040NRの9行目に入れてしまうと適正ではない。ここはあくまでアメリカの事業活動によって発生した利子だ。例えばアメリカで不動産を賃貸し、賃料を受けたり、経費の支払いなどをしている口座から発生した利子だ。 単純に預金口座があって利子が付いた場合、Form 1040NRの4ページ目に記入し、Form 1040NRの54行目に入れる。 いずれにせよ、このところIRSから手紙をもらう人が増えているような感じがする。

Read More
1 2 3 10

Tsuchida & Associates

東京都千代田区紀尾井町4-1
ニューオータニビジネスコート8F
Phone:03-6380-8817
Fax:050-3737-6624


相続税:資産家のための相続税相談申告センター
日本の税務:星泰光・杉沢史郎税理士事務所

アクセス

赤坂見附駅 東京メトロ 銀座線 / 東京メトロ 丸ノ内線
D紀尾井町口 3分
永田町駅 東京メトロ 半蔵門線 / 東京メトロ 南北線
7番口 3分
麹町駅 東京メトロ 有楽町線
2番口 6分
四ツ谷駅 東京メトロ 丸ノ内線 / 東京メトロ 南北線 / JR中央線・総武線
麹町口・赤坂口 8分
Copyright © Tsuchida & Associates All Rights Reserved.
ページTOP