Home > 所得税 > 非居住者の監査を強化する方針

非居住者の監査を強化する方針

2018年08月26日

2018年5月末にIRSは新たに非居住者の監査を強化する方針を打ち出している。

次の点をしっかり見ていくとしている。

きちんとアメリカの所得が申告されていること
条約の不適切な濫用がないこと
Schedule Aが適切に記入されていること
不適切な税額控除が行われていないこと

実際、小さな金額だとあまり考えないで、機械的に申告してしまっているかも知れない。

一つの例で、預金利子を申告する場合、Form 1040と同じ感覚でForm 1040NRの9行目に入れてしまうと適正ではない。ここはあくまでアメリカの事業活動によって発生した利子だ。例えばアメリカで不動産を賃貸し、賃料を受けたり、経費の支払いなどをしている口座から発生した利子だ。

単純に預金口座があって利子が付いた場合、Form 1040NRの4ページ目に記入し、Form 1040NRの54行目に入れる。

いずれにせよ、このところIRSから手紙をもらう人が増えているような感じがする。

Tsuchida & Associates

東京都千代田区紀尾井町4-1
ニューオータニビジネスコート8F
Phone:03-6380-8817
Fax:050-3737-6624


相続税:資産家のための相続税相談申告センター
日本の税務:星泰光・杉沢史郎税理士事務所

アクセス

赤坂見附駅 東京メトロ 銀座線 / 東京メトロ 丸ノ内線
D紀尾井町口 3分
永田町駅 東京メトロ 半蔵門線 / 東京メトロ 南北線
7番口 3分
麹町駅 東京メトロ 有楽町線
2番口 6分
四ツ谷駅 東京メトロ 丸ノ内線 / 東京メトロ 南北線 / JR中央線・総武線
麹町口・赤坂口 8分
Copyright © Tsuchida & Associates All Rights Reserved.
ページTOP