Home > その他 > ITIN(個人の納税者番号)取得で困ること

ITIN(個人の納税者番号)取得で困ること

2016年11月27日

2012年にITIN取得手続きの厳格化がなされた。Form W-7を記入するだけではなく、外国のステータスと本人確認のサポート書類が必要で面倒になっている。

13のサポート書類

サポート書類は下記の13の書類のいずれかで、外国のステータスと本人の確認の2つの要件を満たさなければならない。

supporting-docs

オリジナルで本人の顔写真がなければならない。外国の運転免許証というのも含まれているが、本人確認では良いとしても、外国のステータスを満たさない。

日本にいる人ではパスポートと運転免許証程度になる。運転免許証は2つの要件を満たさないし、運転ができなくなってしまうので、結果的にパスポートしかない。

しかも、パスポートの原本をアメリカのIRSに送付しなければならない。

パスポートの原本をアメリカに郵送するのはものすごく難しい。本当にいつ・きちんと返してくれるのか、その間は海外出張に行けなくなってしまう、犯罪に使われるのではないか、事故はないのかとか気になる。

危なくてパスポートの原本を送る人はほとんどいない。

万事休すでITIN取得はあきらめないといけないのか。

そこで、解決策はCAA(Certified Acceptance Agent)を使うことになる。

パスポートを実際に見せなければいけないが、アメリカに送ることがなく、自分の手元に持っていることができる。

弊事務所もCAAですが、日米の他のCAA とネットワークがあるのでご紹介できます。

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

Tsuchida & Associates

〒103-0016
東京都中央区日本橋小網町4-8-403
Phone:03-6231-0301


相続税:資産家のための相続税相談申告センター
日本の税務:星泰光・杉沢史郎税理士事務所

アクセス

水天宮前駅 東京メトロ半蔵門線
6番口 4分
茅場町駅 東京メトロ 東西線
A4出口 徒歩5分
人形町駅 東京メトロ 日比谷線 / 都営浅草線
A2出口 7分
Copyright © Tsuchida & Associates All Rights Reserved.
ページTOP