Home > 所得税 > 滞在日数カウントの救済

滞在日数カウントの救済

2020年05月10日

Form 2555では外国の稼得所得と住宅コストの控除をしてくれる。この時間の条件として通年外国に滞在しているか、連続する12か月で330日以上外国に滞在していることが必要となる。

しかしながら、コロナウイルスのために外国にいることができず、アメリカに戻らざるを得ない事態も発生している。

この場合、Form 2555を使えなくなってしまう事は不都合と言う事で、IRSは救済措置を打ち出した。

①2019年12月1日以降2020年7月15日まで中国を離れなければいけなかった
②2020年1月1日以降2020年7月15日まで外国を離れなければいけなかった

この期間は、the bona fide residence test又はphysical presence testの時間条件を満たしているものとみなしてもらえる。

Tsuchida & Associates

東京都千代田区紀尾井町4-1
ニューオータニビジネスコート8F
Phone:03-6380-8817
Fax:03-6385-7628


相続税:資産家のための相続税相談申告センター
日本の税務:星泰光・杉沢史郎税理士事務所

アクセス

赤坂見附駅 東京メトロ 銀座線 / 東京メトロ 丸ノ内線
D紀尾井町口 3分
永田町駅 東京メトロ 半蔵門線 / 東京メトロ 南北線
7番口 3分
麹町駅 東京メトロ 有楽町線
2番口 6分
四ツ谷駅 東京メトロ 丸ノ内線 / 東京メトロ 南北線 / JR中央線・総武線
麹町口・赤坂口 8分
Copyright © Tsuchida & Associates All Rights Reserved.
ページTOP