Home > 所得税 > グリーンカードの期限切れ

グリーンカードの期限切れ

2016年10月27日

グリーンカードがあると、アメリカの税法上、アメリカ居住者となる。アメリカ居住者となると全世界所得課税の対象になる。グリーンカードがあればアメリカで得た給与だろうが、日本で得た給与だろうが、世界中の所得をアメリカの申告の対象になる。

これは大変なので、何とかグリーンカードを放棄したいと言う方がおられる。

グリーンカードを放棄するためには、放棄書類を作成して、アメリカ大使館で放棄の宣誓をし、グリーンカードそのものを返却しなければならない。

ところが、何もせずグリーンカードの有効期限が切れてしまっているケースがある。それ故に、アメリカ非居住者だからアメリカに申告しないと考えると間違えてしまう。

移民法ではグリーンカードの効力が無くなっても、税法ではなんらステータスが変わっていない。

下記の財務省規則§301.7701(b)-1(b)を参照。下記の文章に記載されている。

(b) Lawful Permanent Resident— (1) Green Card Test. An alien is a resident alien with respect to a calendar year if the individual is a lawful permanent resident at any time during the calendar year. A lawful permanent resident is an individual who has been lawfully granted the privilege of residing permanently in the United States as an immigrant in accordance with the immigration laws. Resident status is deemed to continue unless it is rescinded or administratively or judicially determined to have been abandoned.

アメリカ大使館へ出向きINS Form I–407 “Abandonment of Lawful Permanent Resident Status”を、グリーンカードや再入国許可証と共に提出して受理されることが必須だ。

Tsuchida & Associates

〒103-0016
東京都中央区日本橋小網町4-8-403
Phone:03-6231-0301


相続税:資産家のための相続税相談申告センター
日本の税務:星泰光・杉沢史郎税理士事務所

アクセス

水天宮前駅 東京メトロ半蔵門線
6番口 4分
茅場町駅 東京メトロ 東西線
A4出口 徒歩5分
人形町駅 東京メトロ 日比谷線 / 都営浅草線
A2出口 7分
Copyright © Tsuchida & Associates All Rights Reserved.
ページTOP