Home > 所得税 > トランプ大統領になると

トランプ大統領になると

2016年11月15日

まさかのトランプ次期大統領の選出と上下両院を共和党が抑えたことにより、税制改革で大きな減税につながっていく。実際に選挙期間中に主張していた通り、そのままになるかどうかはわからない。大統領が税率等を決めているのではなく、議会が決めているからだ。しかし、金持ちが優遇される減税になるのは間違いない。

個人の所得税への影響

1. 税率区分減少・最高税率引き下げ・オバマケア

夫婦合算の場合

trump

現行では10%から39.6%までの7段階で、高額所得者にはオバマケアの3.8%付加税があるので、実際は43.4%だ。

しかし、トランプ大統領だと12%・25%・33%の3つの税率しかない。オバマケアの3.8%は廃止となる。

2. 標準控除・項目別控除・人的控除

現状では標準控除は独身$6,300で夫婦合算の場合$12,600だ。それに一人当たり$4,050の人的控除がある。

これが標準控除は独身$15,000、夫婦合算の場合$30,000となり、一人当たり$4,050の人的控除が廃止だ。

夫婦2人で子供3人という例だと、現行では$12,600+$4,050×5人=$32,850だ。これが$30,000ちょうどでお終いになってしまう。

最低の税率は10%が12%と引き上げられている。

3. その他

Alternative minimum tax(代替ミニマム税)が廃止される。
Head of household(所帯主)がなくなる。

遺産税

遺産税は廃止されてなくなる。従来は545百万ドル(ざっと5.5億円)を超えると40%の遺産税対象になったが、これがなくなってしまう。

相続した財産の取得コストは死亡日の市場価格に付け替えられる。右左に譲渡すれば課税所得は発生しない。

トランプ案だと、相続した株式や不動産で10億円を超える場合、譲渡額と10億円の差は課税される。譲渡しなければこの課税はない。

遺産税に関して言えば、次の4年はお金持ちにとってはビッグチャンスとなる。

Tsuchida & Associates

東京都千代田区紀尾井町4-1
ニューオータニビジネスコート8F
Phone:03-6380-8817
Fax:050-3737-6624


相続税:資産家のための相続税相談申告センター
日本の税務:星泰光・杉沢史郎税理士事務所

アクセス

赤坂見附駅 東京メトロ 銀座線 / 東京メトロ 丸ノ内線
D紀尾井町口 3分
永田町駅 東京メトロ 半蔵門線 / 東京メトロ 南北線
7番口 3分
麹町駅 東京メトロ 有楽町線
2番口 6分
四ツ谷駅 東京メトロ 丸ノ内線 / 東京メトロ 南北線 / JR中央線・総武線
麹町口・赤坂口 8分
Copyright © Tsuchida & Associates All Rights Reserved.
ページTOP