Home > 所得税 > 税金は空気みたいな存在?

税金は空気みたいな存在?

2016年10月28日

日本にいて会社に勤めている人にとっては、税金は給与明細でお目にかかる事がある。しかしサラリーマンの多くの人は特に自分で申告書を作ることはない。ほとんど会社でやってくれる。給与明細を見てため息をついたり、喜んだりしていれば済んでしまう。

もちろん、会社の給与所得のほかに不動産を賃貸しているとか、家を売却した、株式の譲渡益があるとかの場合は、確定申告をしなければならない。しかしながら、サラリーマンには税金は空気みたいな存在で、あまり意識する事がない。一方で自営業の方にとっては税金の申告は一大事である。

アメリカにおいては、税金の申告は自分で行うものだ。日本のようにだまっていても会社がすべて処理してくれると言うことは無い。自分で責任を持って申告をするという頭を持つほうが良い。

アメリカの会社だって日本の会社と同じように給与から税金を差し引いてくれると言うかもしれない。これも自分が毎月の給料から差し引く金額を会社に指示をしている。多いと思えば少なくすることもできるし、少ないと思えば多くすることもできる。ましてや年末調整はやってくれない。自分がやらなければ何も動かない。

でも困ったことには、“全く税金については教えられたこともないし、税金を払わなければならないのも知らなかった。何をどうしてよいかわからないので、そのままにしていた”という言い訳で税金を払わない事は許されない。

“私は日本人だし、日本の税金はきちんと払っている。アメリカ人でないのにどうしてアメリカの税金を払うんだ?”と言っても、アメリカの税金が発生している限り払わなければいけない。

まずは何らかの形でアメリカと接点のある人は、アメリカの税金を払う必要があるかもしれないと思ってもらったほうが良い。そして調べた結果、その必要がないとわかれば安心する。その逆に、もしかして税金を払わなければいけないかもしれないと薄々感じていても、わからないからそのままにしておき、あとから大変な思いをするというのは避けるべきだ。

Tsuchida & Associates

東京都千代田区紀尾井町4-1
ニューオータニビジネスコート8F
Phone:03-6380-8817
Fax:050-3737-6624


相続税:資産家のための相続税相談申告センター
日本の税務:星泰光・杉沢史郎税理士事務所

アクセス

赤坂見附駅 東京メトロ 銀座線 / 東京メトロ 丸ノ内線
D紀尾井町口 3分
永田町駅 東京メトロ 半蔵門線 / 東京メトロ 南北線
7番口 3分
麹町駅 東京メトロ 有楽町線
2番口 6分
四ツ谷駅 東京メトロ 丸ノ内線 / 東京メトロ 南北線 / JR中央線・総武線
麹町口・赤坂口 8分
Copyright © Tsuchida & Associates All Rights Reserved.
ページTOP